2010年06月14日

「知ってるつもり」だった、ネルソン・マンデラさん

先日、とっても久しぶりにTVをつけたら、面白い番組(学べるニュース)をやっていました。
(最近のTVはつまらない!と思ってましたが、時々面白い番組があるんですよね)

中でも南アフリカで開催されているサッカーワールドカップを意識した、
ネルソン・マンデラさんの特集は、バラエティ番組なのに感涙ものでした。


ネルソン・マンデラさん。

超有名人ですから、もちろん名前は知っていますし、「アパルトヘイト撤廃に向けて活動した人」
「南アフリカ初の黒人大統領」など、教科書で習うような大枠は知っていました。

しかし・・・。

恥ずかしながら、アルカトラズのような、島ごとがっちり監視の刑務所に27年間も入っていた、
しかも、本来は無期懲役つまり一生刑務所生活、を宣告されていた、なんて知りませんでした。

TVでは、当時の写真も交えながらだったので、
2メートル四方の独房で、
させられる労働活動といえば、石を砕いて砂にするという・・拷問のような生活がどんなモノだったのかが、
リアルに伝わってきました。



一生刑務所から出られない。

しかも完全隔離ですから、面会は半年に1回、家族とのみ。
手紙も、半年に1回だけ。


このような環境だったら、心が折れてしまうのが普通だと思います。

しかし、マンデラさんは違った。

刑務所に入ってから27年後、解放された時、70歳近くなっていてもう髪も白髪になっていました。
しかし、ビシっとスーツを着て、力強く右手を突き上げている写真からは、
27年の刑務所の月日も、彼の心のなかの炎を消すことはできなかったことを伝えています。


↑ネルソン・マンデラさんが釈放されたのは1990年。ほんとうに最近の話なんですよね・・・。

そして、マンデラさんは南アフリカで初の黒人大統領になってからも、
白人を逆差別することなく、
ボディーガードや運転手には黒人スタッフと白人スタッフを同数採用するなどされたそうです。

南アフリカは、「虹の国」とも言われているそうですが、それは虹が沢山出るからではなくて、
マンデラさんが大統領に就任した時に、「色んな肌の色の人(=色々な人種の人)が融和し、希望溢れる国を造ろう」という願いを込めて
民主化後の南アフリカを「虹の国」と呼んだからだそうです。




マザー・テレサの映画を見た時も感じましたが、
人間の持つ、不屈の精神というか、強さ、芯の強さに、
感動しました。

偉人と呼ばれる人の生き様に触れると、
なにかが浄化され、何かが目覚め、力をもらいます。

そして車の運転もそうですが、遠くを見ている人は、ブレない、
そんな風に感じました。(←例えが卑近すぎますが・・・汗)


加えて、今回のことで感じたのは、「知ってるつもり」が非常に多いということです。
今は特に、ネットで調べれば簡単に情報が入ってくるので、
サーっと表面だけ、大枠だけ撫でて、知った気になっていることがすごく多いと、感じました。

情報が沢山簡単に手に入る時代だからこそ、
自分で調べること、自分で感じること、自分の頭で考える事(誰かの意見を聞いて自分で考えた気になるのではなく)
を意識したいと思いました。
posted by 3Way at 19:32| Comment(2) | ひと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

やる気のスイッチ入りました☆

この間の週末、お友達に誘っていただき講演会@五反田に行ってきました。

4人の講師がお話されるイベントだったのですが、私は都合により全員のお話は聴けず。
しかし、とても楽しかったです。

特に1番最初にお話された、山崎拓巳さん。

いや〜〜!!相変わらずお話が上手で、ほんっと楽しかったです。
(↑「相変わらず」なんて言っても実はタクミさんの講演をちゃんと聞くのは、約10年前と今回の2回なのですが・・)

まるで漫談に来ている感じで、涙が出るほど爆笑しました(^^)。
でもちゃんと、勉強になることもとてもわかりやすく教えて下さり、すっかり「やる気のスイッチ」が入りました(^v^)♪


特に印象に残っていることは・・・

・ぶっ飛んだ夢を持つ
 →「で、それどうやって実現するつもり?」「わからん!」というくらいぶっとだ夢がちょうどいい。やり方が分かる、考えつくということは、過去の経験の延長であり、自分の枠をはずすためにはやり方を思いつかないようなぶっ飛んだ夢が調度良い!

・今の自分は、潜在意識が望んでいる理想の最高の状態。だから出来ていない事は、「できない」のではなく、潜在意識では「やりたくない」と思っていること。例;痩せれない→「潜在意識では痩せたくないと思っている」ということ(滝汗)。


講演会やセミナーは、たまに行くと刺激的で楽しいですね☆
誘ってくれた友達に感謝♪




posted by 3Way at 19:16| Comment(3) | ひと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

素敵なひとに会いました。

先日出会った、ある女性。

見た目の最初の印象は、「流行」「オシャレ」という感じ。私のイメージする、「NYを颯爽と歩いているエディター」という雰囲気。

後でフリーのエディターをしていて、『グラマラス』や『25ans』ほか、いろんな女性ファッション誌の編集をしていると聞いてえらく納得しました。

「同じように文章を書く仕事でも、やはりファッション誌エディターは違うわ〜オシャレだわ〜流行最先端だわ〜」ぴかぴか(新しい)
しみじみそう思いました。

090909-1.jpg

たまたま帰りの電車で2人で話す機会があったのですが、彼女の魅力はそれだけではアリマセンでした・・・。

なぜ流行に興味があるのか?
なぜ、エディターをしているのか?
なぜ?
なぜ・・?

きけば聴くほど、奥が深く、彼女の守備範囲はファッションにとどまらず、人間のあらゆる活動にアンテナを広げているし、それを自分の独自の目線で切り取っている、ある意味哲学者のような、社会学者のような・・・そんな部分も持っている方だと思いました。

で、それ(社会学者のような、哲学者のような視点で切り取ったモノ)を、文章はもちろん、編集、デザインという総合的な角度から、(つまりアートディレクション的?プロデューサー的?)な視点でアウトプットしている。

とにかく外見も、中身も、とっても素敵ぴかぴか(新しい)な女性でした。

男女問わず、素敵なひとに会うと元気がでますね!

素敵なご縁を、どうもありがとう☆☆

PS:そう!しかも、とっても素敵に自身のブログで紹介してくれて!!激しく感動!!
どうもありがとう〜〜♪

090911.jpg
↑私自身、自分で自分の仕事を説明するのにいつも一苦労しているのですが、あの短い時間でスパッとコアを理解し、こんな適切に表現できるのは・・・さすが、です!
(多謝!!)



posted by 3Way at 16:03| Comment(0) | ひと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。