2011年06月27日

2010年の振り返りと2011年の抱負(今頃笑)

久々のブログです。(最近、いつも書き出しはこれです(汗))。

先日(といっても実は数ヶ月も前だったのですが!)
ある方から、メールを頂き、
「フクモトさんの2010年の1月1日の日記を読み返して・・・」と書いてあったので、
何を書いていたのかな?と思い、読み返してみました。

2010年1月1日のブログ

「来年は、もっともっと、日本という枠を超え、「地球」という視点で活動したいと思っています。
(竜馬の時代、「藩」が今の国みたいなものだったのに、龍馬は「日本国」という視点で見ていたように・・・)」


だとか、

「今の時代というのは「分離」が行くところまでいってしまっている時代だと感じています。
デカルトの近代合理主義(二元論?!)を発端に、いつのまにかあらゆるものと分離している。あらゆるところで分離が起きている。
文明が進むにつれ、自給自足からどんどん分離して、自分の生活を支えてくれるもの(衣食住の供給源)と自分の生活が分離している。それから、自分の魂と自分との分離。隣人との分離。自然との分離。

でも、本質の自然のルールとしてすべてはつながっている。(食物連鎖とかわかりやすい)

本質からずれていると、問題が起こる。
分離は、本質からずれていると、私は感じます。」


だとか、

「ではどうするか?
分離の逆は、統合です。
2010年は統合の年だ。と、勝手に思っています。

統合、つまりつなげるということ。私の仕事は、「伝える・つなげる」が軸です。
2010年は、もっともっと、つなげていきたい。つなげる対象、フィールドをもっともっと広げたいと思っています。

伝えることを通して、国内、海外、個人、法人問わず、人と人、人と法人、法人と法人、人と社会、社会と社会、地域と地域、地域と人、ココロとカラダ、あらゆるものをつなげたい。

幼稚な発想かもしれませんが、誤解なくちゃんと伝え、分かり合うことができれば、人は本当につながることができて、そして、そこには争いの無い世界が待っているのではないか・・・と思っています。」


などなど、1年半経った今の自分が読んでも「うんうん、そうですよね〜」なんて同意しちゃう内容を書いていました。
驚き。

では、2010年実際どういう年だったか?というと、
3ヶ月かけてカミーノ巡礼を歩き、世界中の巡礼者と出会い、語り合ったことで、
昨年の日記の冒頭に書いてある
「日本という枠を超え、「地球」という視点で活動したい」
に少し近づけたと思います。

カミーノの体験やそこで学んだ事はおいおい書きたいと思っていますが(といって、どんどん時間が経っているのですけど)
海外、地球関連で言うと、

■本当に、人はみんな同じなんだ、と感じた。
 →オーストラリア人の友達が、「オーストラリアにはいい男がいない。いい男はみんな相手が既にいる」と嘆いているのを聞いたり、他にも仕事のこととか、お金の事とか、家族の事とか、自分自身のこととか、人生の事とかを世界中の巡礼者と語り合い、
彼らの悩みを聞いて、しみじみ、「結局、肌の色も目の色も、国籍もしゃべる言語も関係ない、人間って、みんな同じじゃん!」ということを、肌で感じました。
もう、何人(ナニジン)という時代は古い、強いて言うなら「地球人☆」という時代だと、感じました。

■やっぱり私は日本人。日本を自慢できる国にしたい。
 →逆説的ですが、「ウィーアーみんな、ファミリー!地球人☆」と感じると同時に、やはり、自分は日本人である、ということも強く感じました。
と言うのは、巡礼路は歩いている日本人がまだ多くない事もあり、私が日本人である事を知るとみんな、「日本ってこうなんでしょ?」「日本って、こういうふうなの?」「日本って・・・」「日本って」「日本人はこういうときどうするの?」など、日本について、東京についての質問を沢山浴びせかけてくるからです。
これにより、やはり私は日本人であるし、日本は私の母国である、という事を感じました。

それから、チェコ共和国やスロバキアの巡礼仲間からは、「日本ではお米を食べるんでしょう?私、いつか日本に行きたいけど、パンを食べずに我慢できるか心配なの!」なんて、ビックリ発言が出てきたりして、日本はアメリカの方向は向いているのかもしれないけれど、世界に対しては本当にちっとも適切に情報発信ができていない、(企業で言うならPRが下手)なのだな、と感じさせられました。

そして、「もっとちゃんと日本を伝えたい。”TOKYO”以外にも日本にある素晴らしい場所を伝えたい」と言う想いが自分の中に芽生える事に驚きつつ、「やはり私は日本人なんだな。日本は母国なんだな」なんて思ったりしたのです。

なんだか話がそれてきました(汗)。

とにかく、昨年はカミーノ(ヨーロッパの巡礼路)を歩いた事で、
・世界中に友達ができた
・英語力が向上した
・世界の視点から日本を見れるようになった
・日本への母国愛に気づいた

等などの事がありました。

さらに、「つなげる」とか「未来の社会」に関しても、カミーノから沢山を学びました。

というのは、カミーノは不思議な場所で、私が感じたカミーノの特徴としては、

・カミーノには「所有」という概念が薄い
・カミーノには「分かち合い(シェア)」がある
・カミーノには他人がいない。出逢った巡礼者は皆仲間
・カミーノでは、「過不足」がない。
 →巡礼者は自分が背負える荷物しか背負えないので、「必要以上」を欲しがらないのです。
 →また、カミーノには分かち合いが当たり前で、「所有」という概念がすごく薄く、さらにはスピリチュアルな不思議な道なので、
  必要なものは必ずどこかから与えられるのです。そのため、「不足して困る」ということがないのです。
  これは本当に不思議な体験でした。
・カミーノでは、個々人が尊重される。
・カミーノには一切のしがらみ、「しなくてはいけない」がない。
・カミーノには「ただひとつの正解」はない。人の数だけ、正解がある。
・カミーノでは人々は「違うのが当たり前(前提)」であり、それゆえ、お互いを受け入れ、尊重し合える。=多様性が受け入れられている
・カミーノでは自然(宇宙)と人がつながっている。
・カミーノでは、人と人がつながっている。
・カミーノでは、自分と、「自分自身(本心?ハイヤーセルフ?)」がつながっている。
・カミーノでは何の恐れ、心配もない。
・カミーノにはFaithがある。
・カミーノでは肩書きや年齢性別国籍は関係なく、誰もがみな、「一人の巡礼者」であり対等。

などを感じました。
(まだ書き忘れている事がある気もしますが・・)

そして、これら「所有ではなく、シェア」「他人がいない」「自然と人がつながっている(調和している)」「過不足がない」「個々人が尊重されている(=多様性)」「心配、恐れはなく、FaithとLoveがある」という特徴は、「理想の未来」の姿なのではなかろうか?
と思いました。

で。

私が巡礼から帰国する飛行機で思っていた事は、
「世界中が”カミーノ”になれば、世界はとっても素敵で毎日、毎日ハッピーで喜びに満ちあふれる状態になるのではないか?」
「世界中を”カミーノ”にしたい!今後の人生では、そのための活動をしよう!」
と、言う事です。

ちなみに、「世界中をカミーノにする、カミーノを世界に広げる」というのはもちろん、世界中を巡礼路にするわけではありません(笑)。
また、世界中にカミーノをプロモーションするわけでもありません。(それも手段のひとつとしてアリですが)

世界中を、カミーノのような、「所有ではなく、シェア」「他人がいない」「自然と人がつながっている(調和している)」「過不足がない」「個々人が尊重されている(=多様性)」「心配、恐れはなく、FaithとLoveがある」場所にしたいなぁ!そうなったらいいなぁ!という事です。

そのための道のりは長いと思いますが、カミーノと同じで1歩1歩あるくしかないので、1つ、1つやっていきたいと思っています。

まずは今日本にいますし、日本がビザや色んな点から一番やり易いので、日本で活動をしていきたいと思っています。

具体的に動き始めたら、ブログなどを通じて情報発信していこうと思っています。
そう言う事にご興味のある方、是非一緒に色々やりましょう〜!!よろしくお願いします!

なお、現在、有限会社3Wayではパートナーとして一緒にお仕事してくださる
フリーのコピーライターさん、ウェブデザイナーさんを募集しています。
上記のような世界観(?)に共感してくださる方で、フリーのコピーライター及びウェブデザイナーの方がいらっしゃいましたら、
ぜひ、info●003way.comまでご連絡くださいませ。
(●を@に変換ください)


なんだか凄く長い、内容てんこもりのブログになりましたが・・・
諸々を振り返れたのも、H.Fさんからのメールのおかげです。

今、カナダにいらっしゃるもう一人のH.Fさん、素敵なメールを、どうもありがとうございました(^^)。

posted by 3Way at 19:45| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

Happy New Year!

2011blog.jpg

今年もよろしくお願いします(^^)☆
(Photo by Fukumoto.@Camino)
posted by 3Way at 00:00| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

改めて年末のごあいさつ(^v^)

2009年は不思議な流れで、海外への取材や、海外の著者の方へのインタビューなど、海外に関する仕事をたくさんさせていただきました。

もともと英語が大好きで、いつか海外に住みたい、と思っていたので、英語の勉強はマイペースでのんびりと、趣味のような感じで続けていました。それから、7、8年前(!?)サラリーマン時代には外国の雰囲気のとても素敵な英会話スクールで働いており、そこでの会議は英語だったので、必死に英語の会議に喰いついて行かねばならぬ、という経験をさせていただいてました。

とはいえ、独立してからは仕事に必死だし、英語や海外に関わりたくてもなかなかその時間がありませんでした・・。(でも今思えば、独立後最初のクライアントになってくださったのも英会話スクール(働いていたところとは別)というのも、なにか不思議を感じます)

それでも、いつでも心の中には、
「いつか、海外、というか、日本という枠の中だけではなく、地球というフィールドで生きていたい」とずっと思っていたので、趣味のような感じで気が向いたときに英語に触れるようにしていました。

・・・と、そういう程度の英語力なのに、今年は海外の取材(ビジネス系の取材だったので久々に脳みそから冷や汗がでましたが・・・)や、海外著者のインタビューという、とても素晴らしい仕事をさせて頂く機会をいただけたことは本当に有り難いことだと感じています。
ご縁をくださったみなさま、本当にありがとうございました。

来年は、もっともっと、日本という枠を超え、「地球」という視点で活動したいと思っています。
(竜馬の時代、「藩」が今の国みたいなものだったのに、龍馬は「日本国」という視点で見ていたように・・・)


私は、今の時代というのは「分離」が行くところまでいってしまっている時代だと感じています。

そもそもはデカルトの近代合理主義(二元論?!)あたりからはじまったらしいですが(←不勉強なので間違ってるかもしれませんが・・)ともかく、いつのまにかあらゆるものと分離している。あらゆるところで分離が起きている。

文明が進むにつれ、自給自足からどんどん分離して、自分の生活を支えてくれるもの(衣食住の供給源)と自分の生活が分離している。それから、自分の魂と自分との分離。隣人との分離。自然との分離。

でも、本質の自然のルールとしてすべてはつながっている。(食物連鎖とかわかりやすい)

本質からずれていると、問題が起こる。
分離は、本質からずれていると、私は感じます。

ではどうするか?

分離の逆は、統合です。

2010年は統合の年だ。と、勝手に思っています。

統合、つまりつなげるということ。私の仕事は、「伝える・つなげる」が軸です。
2010年は、もっともっと、つなげていきたい。つなげる対象、フィールドをもっともっと広げたいと思っています。

伝えることを通して、国内、海外、個人、法人問わず、人と人、人と法人、法人と法人、人と社会、社会と社会、地域と地域、地域と人、ココロとカラダ、あらゆるものをつなげたい。

幼稚な発想かもしれませんが、誤解なくちゃんと伝え、分かり合うことができれば、人は本当につながることができて、そして、そこには争いの無い世界が待っているのではないか・・・と思っています。


私ができることは、チリのように小さなことかもしれませんが、そのために少しでも役に立てたら嬉しいと思っています。

2010年がみなさまにとって素晴らしい1年となりますように。
2010年もどうぞよろしくお願いします。
有限会社3Way代表 福元紘子

2010newyear.jpg
↑ブエノスアイレス〜イグアスの滝に向かう飛行機からの写真。
左上の雲の中に虹が見えました。




posted by 3Way at 00:00| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。