2012年02月25日

好きなひと

最近しみじみ思うことがある。
それは、「私は物語を感じるひとが好き」ということ。

男でも、女でも。

でも・・・
そもそも『物語を感じる』というのはどういうことなんだろう?

生活臭さを感じないということなのだろうか。だとしたら、お互いをよく知る古くからの知り合いより、まだ知らないことの多い新しく知り合った人の方が『物語を感じる』ということになる。

「いや、それは違うな。そう言うことではないんだな」色々な人の顔を思い浮かべてみて思った。

なぜなら私の中で「物語を感じる」筆頭のひとりは、何回も寝泊まりを一緒にし、語り合い、よーく知っている大学時代の友人だから。
彼女の実家にも何回か行ったことがあるし、彼女の家に泊まりに行ったことも何回もある。一緒に別の友人の家に泊まって雑魚寝して朝まで飲んで語ったこともある(まだ若くて二日酔いとは無縁だった学生時代に)。

そんなに古い、よく知る友人なのに、彼女を見ると、思い浮かべると、私はフランスの小説を読んでいるような気分になる。

一体なぜなんだろう?彼女のどこに、物語を感じるのだろう?

ちなみに、本人にそのことを伝えても、「そんなことを言うのはフクモトだけだ」と照れながら言うのだろうな、ということは分かる。
(なぜならこの間うちにきて料理を作ってくれた時、「ホントに料理上手だよね」といったら、「そんなこと言うのはフクモトだけだよ。醤油とか入れる時にスプーン使うからそういう風に見えるんじゃないの?」と照れくさそうによく分からないことを言っていた。)

それからもう一人、私の中であっとう的に『物語を感じる』ひとがいる。その人も、ある意味学生時代の友達。

この2人の共通点を考えてみて思い当たるのは、2人ともアーティストだ、ということ。(そしてビール好き、ということ。)
もっとも、2人とも世の中的には事務職的な”ふつうの“仕事をしているのだけれど、つまり、“アーティスト”を生業としているわけではないのだけれど、でも2人ともオフの時間で作品をつくったり、表現活動をしている。
私に言わせればそれは立派なアーティストだ。(アーティストだ、作家だ、といっても実は商人、という人も世の中にはたくさん存在する。別に商人が悪いということではなく、感性がどこにあるのか、という話)

多分、私は彼らの目を通して見える世界、感性を通して感じる世界が好きなのだろう。
そんな風に、自分独自のフィルターを通して世界を見ている人というのは、何とも言えない素敵な雰囲気がある。

偶然にも、3月にはその2人と「久々に遊ぼうではないか」という話になっているので、とても楽しみ。(2人同士は友人ではないので別々の日に、だけれど。)

(そう言えば、何年か前の夏、昼間からビールを飲んで、井の頭公園のスワンに乗ったな、と思い出した。「ここは男女だと分かれるから女子同士でしか乗れないし」とか言いつつ。やっていることはオヤジだから、やっぱり『物語を感じる』ことと、生活感は関係ないな。)

久々のブログなのに、よく分からない書き込みだけど。
まあいいでしょう。
posted by 3Way at 01:20| Comment(5) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶり。お元気そうですね。

私は感性ウトい方ですので、物語はまったく感じられないタイプだと思いますが、この間上司に「サイケデリックなエクセル表だね・・・」と言われ、10年立っても進歩ないのかと・・・(がっくり)

これはこれで、私の物語? はあ〜〜
Posted by Marikoms at 2012年02月27日 12:50
あなたの感性が好きです。これからも頑張ってください。応援してます。
Posted by keiji at 2012年02月28日 22:25
Marikomsさん

お久しぶりです。
Marikomsさんのサイケデリックなエクセル表・・・!
懐かしいです。
10年経っても、どこにいても、Marikomsさんのエクセル表はやっぱり、クリムトの接吻を髣髴とさせるものなのですね。

それと、私にとってMarikomsさんは「物語を感じる」というより、「Marikomsワールドの住人」です。そしてその“ワールド”を、私は好きです。

夏の暑い日に、このまま地中海にヴァケーションに行ってしまいそうな大きな黒い帽子とサングラスで出勤する女性を、私はいまだかつて見たことがありません。(Marikomsさん以外で。笑)

そういえば「髪の毛が多い人にしか使えないからあげる」と髪留めをくださったの、覚えてますか?
とても気に入っているので、いまでも大切に使っているのですよ!
Posted by 3Wayフクモト at 2012年02月29日 14:00
keijiさん

素敵なコメントをありがとうございます。
とても嬉しいです。
Posted by 3Wayフクモト at 2012年02月29日 14:03
なぜあんな日よけにも雨よけにもなる便利なもの(大きな帽子)を皆が使わないのか、私には不思議ですね。今日もジャカルタで元気に帽子が闊歩してますよ。お客にもそれで覚えられてるし(笑)

髪留め、覚えてますよ。物持ちがいいね!
Posted by Marikoms at 2012年03月01日 15:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。