2012年07月20日

愛するとは

ふと昨日思ったこと。

「愛する、とは、つまり、大切にする、ということである」

ということ。

愛する、と言うと、なんだか少しボンヤリして、抽象的で分かりにくかったりする。
実際それってどういうこと?
みたいな。

しかし、愛するというのは、要するに、「たいせつにする」ということと、
ほとんどイコールだと思うと、とても分かりやすい。
そして、しっくりくる。

例えば、「自分を愛してくださいね」と言われても、ハテ、どうすればいいのやら具体的なイメージが浮かばない。
しかし、「自分のことを大切にする」と考えると、
例えば、
暴飲暴食をしないように気をつけるとか(=自分の体を大切にする)
お風呂上がりに時間をかけてお気に入りのアロマオイルでマッサージをするとか、
自分が心から欲しい物を、自分に買ってあげるとか(何の言い訳もせずに〜!!)
寝すぎても、二度寝しても、自分を責めないとか、
色々浮かぶ。(なんだか私の生活が垣間見える感じな例ばかりですが(汗))

周囲の人や、モノ、環境などにも言えると思う。
「愛する」を「たいせつにする」と置き換えると、なんだか分かりやすい。

そこまで考えてみて、思い出したこと。

昔、渡辺和子先生という、シスターの先生の本に書いてあった話。
そもそも、「LOVE(愛)」という単語は、キリスト教の宣教師の方が布教で日本に来るまでは、
日本に無かったらしい。
それで、宣教師の方たちは、「Love」を日本人に説明するのに考えて、「ご大切」と訳して説明していたそうです。

それを思い出して余計に納得。
日本語が母国語の日本人の私には、「たいせつにする」がすごくしっくり心に染みる。

ということで、改めて、これからますます、自分のことも、周囲のことも、できる限り、「たいせつ」に、
毎日を過ごして行きたいと思います。

(余談;渡辺和子先生の本が最近本屋さんで売れている本No1になっていてちょっと驚きました。
確かにとっても素晴らしい先生ですが、昔っからたくさんの本を書かれているのになぜ今?!
やはり、時代が求めているのでしょうか。
でも素晴らしいことだと思います。ちなみに、カミーノ歩いただの、渡辺和子先生だのというと、すごくクリスチャンぽいですが、私はクリスチャンではありません・・・。最近神道のよさをしみじみ感じ・・・どの宗教も同じようにリスペクトしているスタンスです。)
posted by 3Way at 00:25| Comment(1) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。